はったりばっか。

独り言orゲーム製作記の死or生。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マルボウズ・ハラキリ・イカンデアリマース

ランタイムパーティ2の前期作品が公開されました!

なんといっても今回の目玉は、ツクール作品のみではなく
WOLF RPGエディター作品もプレイできちゃうところ。
フリーゲーム界の2大勢力が合わさっちゃってるわけですよコレ。

さて、こう数多くの作品が並んでいるとき、皆さんならどうしますか。

そうですね、タイトル。 まずタイトルで判断しますよね。
こういうときにまずポイントとなるのはタイトルなのです。

中身が一番だ!
それはもちろんそうなんですけど、まずユーザーの手にとってもらえないと
お話にならないのがゲーム、小説、漫画などの創作ジャンル。

悲しいことだけどさ、プレイされなかったら
いくら中身が面白くても気付いてもらえないじゃない…。

というわけで、そんな私が投稿作品タイトルのみをぱぱーっと見て、
気になったものをちょちょいと挙げてみたいと思います。

いいね、投稿作品一覧ページでタイトルのみを見た第一印象だけだからね!
ほい、とりま5つチョイス!


・レベルダウナー
・犯人は田中
・アントニー爆発
・昨晩はお楽しみの宿屋
・紆余曲折の末魔王ぶっ殺す



どうでしょうか。
この中に、みなさんも気になったタイトルがありませんでしたか。

えぇと、この5作品タイトル。
惹かれたポイントを簡単に説明致しましょう。


・レベルダウナー
 ってことはつまり、あれか。
 レベルが下がっていくということに主眼を置いたゲーム…なのかな?
 どういうことだろう。

・犯人は田中
 推理ゲー? において、犯人の名前を最初からというか、
 タイトルの時点でバラすだと…?
 それは致命傷にならないの…?

・アントニー爆発
 ごめん、タイトル画像を見て一番気になった。
 あの胡散臭い笑顔の中華料理人っぽいの、なんなんだよ畜生…っ

・昨晩はお楽しみの宿屋
 まぁね、うん、私はね、全然気にならなかったけどね、
 硬派な紳士淑女の皆様がプレイなさらないかもしれないのでね、
 率先してプレイしておこうかなとね、ええ、こう思うわけですよ。

・紆余曲折の末魔王ぶっ殺す
 ロゴもいいけど、やはり 紆余曲折 が気になる。
 ただ倒すだけじゃないぜってことを四字熟語を使ってまで主張してるのに、
 結局最後はぶっ殺すという言葉遣いでシメちゃうそのタイトル。


こんなところでしょうか。
皆さんが気になった作品はまた違うものだと思いますが、
それぞれ己の理念に基づいてチョイスしているハズです。

さぁて、まずはアレからやりましょうか。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。