はったりばっか。

独り言orゲーム製作記の死or生。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

渡り鳩

がーるずろんりー(非公式)。
がーる“ず”と複数なのに、lonely(孤独)とはこれいかに。

そう、ガールズパーティ外伝的なガールズロンリーは孤独な戦いじゃない。
散っていった仲間達の声を、思いを、作品に込める。
それこそが、僕らの戦いガールズロンリー。

猫の人とか、犬の人とか。
そこに、戦い続けている人がいるのなら。

私はまた、次の島へと向かって飛ぶのだろう。



以下、副音声。

まだ完成はしていなんですが、もっかい最初からモノクロをプレイし直したら
「なにこの駆け足展開、なにこの中身のなさ、なにこのストーリー…」という
恒例の、出来が気に入らないモードに突入しました。 ははは!

いかんです。 ほんといかんです。
長年製作をしていると、自分の中で求める完成作品のボーダーが
えらい高くなっていきます。
レイスタがよくふりだしに戻っているのがいい例です。
何を作っても気に食わなくなるという。 うあああ…!

このモードに突入すると、作者はもれなく以下の選択を迫られます。

・納得行く出来になるまで作り直す
・妥協する

でね、僕が今回モノクロ製作でどちらを選ぶかと言うとね、後者なんだけれども。
えー。とか言わない、そこ!

ついったーとかでね、自分の責任で妥当な仕様を決定するのが
プロだとか書かれた発言を見たことがあってね。
まぁ僕はプロとかじゃなくて、アマというか趣味ですが。

これを妥協というと、マイナスイメージとして受け取る人が多いと思いますが
今の自分の精一杯です、というとあら不思議。 プラスイメージっぽい!

で、結局何が言いたいかっていうと。

万が一期待して待ってたりする1%ぐらいの人たちへ。
モノクロ、今の自分の精一杯では作ってるけど… 今のうちにがっかりしておいてっ!
(製作者にあるまじき発言)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

本質を失わない程度の妥協なら問題ない……はず

よろしい。ならば存分に期待するとしよう!

自分のやっていることをマイナスイメージだと
とらえないというのは大切だと思う。
というか、よくプロだから云々という言葉を聞くけど、
それはあくまで仕事上での話であって、
良いものを作るにはアマ精神とプロ精神の両方を
やりくりしていく方が大切かと。

迷いすぎて同じ所、グルグル同じ状態になるよかマシ。
時間配分ミスって、もっと頭痛い目になる。

葉之 | URL | 2009-12-06(Sun)07:03 [編集]


そんなことをしたら、絶望を味わうのは貴様なのだぞ…!

うんまぁ、どっちの精神も必要かもしれませんね。
プロばっかだと疲れちゃうし、アマばっかだと手を抜いちゃうし。
自分にあったラインを見つけることが一番大切なのかも。

今は結構いいバランスで製作してます。
そのへんもちょろっと今度記事にしようかなぁ。

はっと | URL | 2009-12-08(Tue)00:28 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。