FC2ブログ

はったりばっか。

独り言orゲーム製作記の死or生。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

幽遊白書の飛影もそうなのだろうか

前回のツンデレ男余談。
あさりさんさぶりなさん曰く、ベジータと烈海王を忘れちゃいけないそうですぜ!
え、れつかいおうってアイツつんでれなん?!



さて、みなさんこんばんは。
リアル鬼ごっこの劇場版が見たいはっとです。

今回は1キャラ描いて、気分転換して、さらにもう1キャラ描きました。

では、下書き段階でしかありえない部分があるレアなロアさんをば。
はい、ティロリロリロン♪

081122a.png

うん、まさにティロリロリコn…
って何を言わせる気だチクショウ!


んでですね、前に誰かに言ったような気がするんだけど、
どうすればろーりーなキャラが作れるかというと。


ずばり “目と口を近づけて、出来るだけ顔の下のほうに描く” です。


もちろん等身を減らすことも重要ですが、問題は顔。

こちらの最初の方を読んでもらえば分かりますが、
目と口のパーツを顔の下のほうに描けば、自然と輪郭線もゆるくなり
幼い顔になって可愛さがアップするという寸法なのです。

081122b.png

実はですね、これにまつわる僕の仮説がひとつあるんですが…
一般に 上目遣い と呼ばれる女性専用スキルがありますよね?
いや別に、男がやるなとは言わないけどさ(笑

これって、下あごを引いて上目で男性を見つめますよね。

そうするとほら、男性からは角度的に
“目と口が近づいて見え、幼く、可愛く見える” ようになりませんか?

つまり 上目遣い というのは、自分の顔を幼くキュートに見せるという
根拠に基づいた高等テクニックなのではないか、と思うんですよね。

この仮説、いかがでしょうか。


■webclap

ちなみに今回の気分転換にはバッティングセンターに行ったんですが、
プロの世界で戯れてやろうフハハ! って、140km/hとか挑戦してみたら
かすりもしませんでした。

ふっ、ボールのヤツめ。
私のスイングに恐れをなしたようだな。

以下、11/21~22分をお届けだよ!

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。