はったりばっか。

独り言orゲーム製作記の死or生。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

革命真央

オッス! 先週のジャンプの初恋限定で泣きそうになりました、はっとです。
うん、あの桜のシーンね。

河下さん、また一段と上手くなったなぁ。
前作みたいな愚駄愚駄な内容ではないので、正直面白いです。

ちなみに僕が今ジャンプでオススメする3作品は、
アイシールド21・エムゼロ・初恋限定ね。



と、今日の日記はtkラー間で微妙に流行っている出だしで始まりましたが、
これ実は、電車の中で書いた記事だったりします。

電車の中でメールで記事をひたすら打って、自宅PCアドレスに向けて送信。
帰ってからは受信メールをコピペして、画像を入れたり見直したりで…ほら!
アッーという間に1記事が完成するという、玄人仕様。

携帯という性質上、拍手返信をしようと思うとかなり面倒ですが、
週末とか暇があるときにまとめて返すスタイルなので、問題なし。

問題があるとしたら、どのあたりが自分の記事の改行ポイントかの見極めがいること。
大体僕の携帯で2行半が、ブログの1行ぐらいの長さかな。

ま、とりあえずこれで平日の製作時間には支障が出ないはずさ! 多分!



さて、タイトルの意味。
ちょっと前の世界フィギュアの話。

フリーでは最初のジャンプでいきなり派手な転倒をし、
普通の人なら心が折れ、ミスを連発したであろうというあの場面でも、
その後、完璧な演技を魅せ…見事、金メダルを手にした浅田選手。

あのときは、テレビの前で震撼していました。
この人…本当にスゲェ、と。

やっぱり、頂点を目指す人は違います。

前日のショートプログラムでは堂々の64点をマークしながらも
(ショートで64点は1、2位のトップクラス)
「今回の自分の演技は100点中何点ですか?」という質問に対して、

「60点ぐらい…だと思います」

どんだけ上を見てるんだ。
惚れるわ。 その心意気。
舞台のレベルからして違うけど、これは負けてらんないわね(´ー`;



今回は、RTPメインという縛りも無い。
ということは当然、妥協が許される余地も無い。

もちろん「妥協」というのは、他人が定める線引きに起因するものではない。
そもそも、そんなものが引かれてたらそれは「創作」ではなく、
ただの「作業」になるわけで。

そう、「作業」ではない。 これは「創作」である。
持てる力は全部出し切る勢いで。


さぁ、自分との戦いの始まりだ!

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。