はったりばっか。

独り言orゲーム製作記の死or生。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最初のトップ絵についてQ&A

※『Lost』をやっていないとネタが分からないところが、
 一部あります…。


▼最初のトップ絵(リンク)
Q.「なんで、この絵(↑)なの…?」

A.…そう言われましても…。
 “看板娘”って言葉があるじゃないですか…。

 でも…
 “看板息子”って言葉は、ないじゃないですか…。

 …別に、謎の少年だけでも良かったんだけど…
 こーいうときって、普通、ヒロインも書くかなぁ…と。

 …あ! もしかして…帽子を持つ手の大きさですか!?
 今、気付きましたが(本当)…小さすぎですよね、コレ…。


Q.「…いや、それは別にかまわないけどさ。
  オレが聞きたいのは…どうして『長袖』なのか、ってことだよ。」


A.…え? 

 ・ ・ ・

 ・ ・・ ・ ・・ ・

 ・・・・・・℃$%#Щ!! (グブふぁあぁぁぁ───ッ!!!!)


Q.「…ねぇ。 …どうして『半袖』じゃないのさ。」

A.…そ、そそ、それは、べ、別に…

 (ヤベエ…。 マチガエマシタ… イエナイ───…。)


Q.「描けないわけじゃないんでしょ…?
  ちゃんと、半袖キャラも描いてたもんねぇ。
  …マボリュ村のスフィアとか。
  …まさか…
  『序章』みたいにミスしたなんて… 言わないよねぇ…?」


A.…!!!!
 い…いや、ほ、ほら。 あ、RPG中でも、い、言ってマシタヨ…?

 こ、この服は、“メチャ通気性がいい”…ッテ…・ウ、うん。


Q.「…ふーん…。
  メチャメチャ、“麦わらぼうし”…かぶってるけどねぇ…。
  それでも、“冬服”なんだよね~…
  通 気 性 が い い らしいから。」


A.……。

 ……

 …フッ…フハハハハハ…!

 …っていうかこれ、すでにQ&A(質疑応答)の形式じゃないよね?

 …っていうか、別に長袖だっていいよね?
 …いいじゃない。
 …ねぇ。
 …うん。

 …大きな違和感はないよ。
 …変じゃないさ。
 …うん。

 …フハハ! また会おうっ!!!


Q.「…あ、逃げた。」

スポンサーサイト

PageTop

プレイしたRPGは…? part2

…ずばり!
結論から言うと…

○スーパーマリオRPG(SFC)
○ポケモン青(GB)
○ドラクエ3(GBC)


この3つが、プレイしたし、やり込んだこともあるRPGですっ!


……

多分…↓こう思ってる人、いるんじゃないでしょうか…。


「…は? RPGの本場…
FF、聖剣、ロマサガ、テイルズ、ウィザードリィ、ゼルダ、…
…とか、プレイしたことないの!?」



…ははぁ、全く、その通りですね。
自称“クリエイター”、名乗っちゃってるのに。


しかし、もっぱらアクション好きな僕が、はまってしまったRPG…
この3作品は、今の僕のRPG論の一部を形成しております!



↓以下、hatのステレオタイプなレビュー

○スーパーマリオRPG(SFC)
 スーパージャンプ100回飛べましたよー!
 わざわざジャンプの効かないトゲゾー相手に、
 何時間Yボタンを押し続けたことか…。

 あのストーリー&アクション性!
 そして最後の、ジーノが人形に戻ってしまうシーン…
 僕は、ゲームで初めて“ほろり…。”となってしまいました…。
 今思えば、あのときですね。
 人を感動させる話を作ってみたいなぁ、と初めて思ったのは…。

 スーファミのない今となっては…パソコンとかの類でしか、
 この名作をプレイできないのでしょうか…。 (…ん?)


○ポケモン青(GB)
 もう…言うまでもありませんね。
 ただ、これだけは言わせてください。
 ゼニガメ、カメール、カメックスがそれぞれ3匹ずついます!
 …だって、かわいいんだもん!

 「…つーかそれ、何回プレイしとんねん!」(ご一緒にどうぞ。)

 抽選が通ったので、
 わざわざ名古屋ドームにまでミュウをもらいに行きましたよ…。
 知人は、帰りの電車の中で殿堂入りを繰り返し、
 すでにLv100にしていましたが…。


○ドラクエ3(GBC)
 …ゲームボーイカラー版です。
 ファミコン版のヤツは、1つ前の独り言の通りです…。
 長い時を超えての再挑戦だから…
 まぁ、“最近やった”の部類に入るのかな…?
 もうね、ドラクエ3に関して述べることはいっぱいありすぎなんで…
 今度、いつもと違ったネタ趣向で…独り言にしますね♪

 なんといっても、オルテガさんの…

 「…しかし MPが たりなかった。」

 …ぐはぁ…。 またまた“ほろり…・。”ですよぅ…。
 あぁ…僕って涙もろい…。 あのイベント…もっかい見たいなぁ…。
 あ、でも…セーブ残ってないんだよなぁ…。
 そだ、涙もろいネタも、独り言にしようかなぁ…。



…とまぁ、1990年代以降の人じゃなければ、知ってる人もいるRPGたちです!

…え? 他のRPGもやれって?
たしかに、友人にも言われたんですよね…。

「せめて、FFシリーズ1つはやっとけよ。」…って。

僕自身も、やろうやろうとは思ってるんですが…
帰宅して実行するのは、RPGツクールXPか、
お絵描きソフトなんですよねぇ…。

ツクール中毒者です。 ジャンキーです。 モンキーです。

…あ、今、風が吹いたね。

PageTop

プレイしたRPGは…?

あはは…。

“自称、RPGクリエイターってんだから…いくつかやってんだろう?”
…と、そうお思いの方に、先に謝っておきます…。


「…あんまやってません、ごめんなさい…。」


初めは…RPGなんて、おもしろいと思えませんでした。

それは…僕が小学生の頃。
…RPGとよばれる、あのゲームの第3作目をやったときのこと。

それまで、アクションゲームしかやったことのなかった僕には…
さっぱり、意味の分からないゲームでした。


ゲームを始めたら、王様が何か言っていました。
“酒場”がどうのこうの…。

僕は、全く理解できず…街の西に駆けだしました…
…すると! 画面が変わったではありませんか!

これが、いわゆる“フィールド”だとは…知りもせず…
僕の心は、踊っていました。


「…よし、ゲームの始まりだ!」


…そして、歩き始めた矢先。

「♪テロテロテロテロ…」

「…え!?」


テレビ画面には、2匹のスライムと、2羽のカラスがっ!


「…? …!?」


しかも、なぜか…“たたかう”とか書いてある!


「…どうして? なんにもいなかったのに…。
ジャンプとかでよけるのに、失敗したのか…!?」



……

アクションしかやったことのなかった僕には、
テレビ画面で起きたこと全てが、さっぱり理解できませんでした。

そして…左の敵から1回ずつ、”こうげき”とやらをしてみました。

……

ご存知のとおり、効率の悪い戦い方です。
(ふつうは、1体ずつ倒すでしょう。)

…回復すら知らない僕は、当然、ゲームオーバーになりました。


「……
…こんなの…倒せるわけないじゃんか…!」



僕は、それ以来…RPGというジャンルには、触れなくなりました。


……

いろいろなことを、知らなさすぎでした。
たしかに、しょっぱなのモンスターにやられても…
おかしくない状況───


王様は…言っていました。

“酒場”がどうのこうの…。


……

僕は…仲間も連れずに旅立った、愚かな勇者でしたから。

PageTop

四・二事件(死に事件)

「・・・え゛・・・ ・・ ・?」


もう…それしか言えませんでした。


2005/4/2。

この日は…忘れることのできない日。

それは…ちっぽけなモノ。

ツクール魂2005(ゲームコンテスト)に送った『Lost』(RPG)に…

たった1つ…
画像ファイル(50KB)を入れ忘れたことに…気付いてしまった日。


「・・・ ・・ ・あれ? 気のせい・・・だよねぇ・・・?」

…もう一度OPムービーを実行。



うぃんどうず君
「…ピコン♪ ファイルが見つかりません♪」




…何度やっても…
マイうぃんどうず君は、同じところで話しかけてくれます。


「……。」


…自分を構成していた、すべての気力が…チリと化しました。

「・・・あはは・・・。
僕の2、3月は・・・なんだったんだろうな・・・ ・・ ・。」



自分のRPGは、どのくらいのレベルなのか。
それを知るためにエントリーした、コンテスト。

「どうして…あと3日、早く気付かなかったんだろ…。」

コンテスト締め切り日の…3/31。
この日までに、作品を差し替え希望で送りなおせばセーフでした。

本当なら…
ドキドキしながら待ち望んでいたハズの、4月下旬の1次審査。

「ホント…何だったんだろう…。」

ゲームコンテストで、エラーの出るゲームが…受賞するでしょうか?

…ありえません。



……

今回は…これが所詮、僕の実力だった、とあきらめましたが…

みなさんも気をつけてください…。
(…って言ってる自分がむなしいです…しくしく。)


当然と言えば、当然なのですが…

テストプレイや、見直しなどが終わった後でも、
ほんの少し…データをいじったり、書き直したりしたのなら…
絶対に…見直しをしなおしてください。


もしこれが、自分の将来に関わるような書類とか、試験だったら…。

あわわわわ…・。

(…とか言いいつつ、
このコンテストには、僕のRPG人生の大半を賭けていましたが…。)



…ということで、自分のモノサシになってしまいますが…。
ツクール魂2005の受賞作品をプレイしてみて、
自分の作品のレベルを考えてみます…。

できれば、『Lost』をプレイしていただいたみなさんから、
直接ご意見をいただければ、これ以上ありがたいことはないです♪

「こんなところが良かったです!」…とか…
(…って言われたら、授業をかえりみず、
次回作を創作しそうな自分がコワイ…。)

もう…どしどし、掲示板(BBS)に書き込んじゃってくださいな♪


…以上、反面教師『四・二事件』でした。
この講座は、ちょっとぬけてるhatさんが、お送りいたしました♪

PageTop

画力は…?

画力は…?
↑『Lost』の“あとがき”の証明(元はツクール2000用の顔グラ)

「…なんだこれっ!?」

これが、2003年当時の僕の実力です…。
そりゃ…これじゃあ、他人に見せられません…。
…とか言いながらも、当時はこの顔グラができただけで、

「…っしゃあ! うまくできた!」

…と思ってました。 マジで思ってました。
この頃まで、まともに人の顔を描いたことがなかったのに…
何を血迷ったのか。
初のパソコン用・ツクール2000で作るRPG『Lost』のための挿絵を、
バリバリ描き始めました。

(当時の絵は、まだ残っていますが…
多分今のあなたが見たら… 200%笑い死ぬでしょう…。)

…そして、たどり着いた地は… 『挫折』。

「…やっぱり僕は、ツクールアドバンスと共に、
 ひっそりと暮らすよ…。」


かくして、ツクール2000『Lost』計画は、
その名の通りに、消えてしまったのです…。



……

しかし…僕は挿絵を描き続けました。

RPGとは関係ナシに、自分自身の画力が…許せなかったからです。

春の日も…夏の日も…
秋の日も…冬の日も…

暇なときは、絵を描いていました。

音楽を聴きながら…
「どうしてパソコンで、あんなにうまく描けるんだ?」
…と、絵師のページをのぞいてみたり…

授業中も…
「あー…眠くなってきた…
目を覚ますために、なんかキャラを描いてみるかなー…。」


…とか言いながら、授業終了まで描いていたり…

そんなときでした。

「RPGツクールXPの体験版…?」

…え? 2003がアレだしなぁ…。
…と思いつつも、実行してみました。



……

…絶句。

「なんですか、この美しさはっ!?
お…おまけにスクリプトが自由自在っ!?」


…もう、魂に火が…いや、炎がつきました。
買、即、作でした。
そして、2000とは解像度が違ったので、CGを描いてみたところ…

「うーん…人に見せても、少し恥ずかしいぐらいかなぁ…?」

…というあたりまでは、描けるようになりました。
(この頃描いた絵が、今の『Lost』主人公の顔グラでしょうか。)

「どうせなら…挿絵も描きなおすか!」

そして、『Lost』は再び動き出しました。


……

…10月。
「…ツクール魂2005!?」
…というエンターブレイン主催の大会を知り、
ゆっくり丁寧に作っていた『Lost』も、急ピッチになり…
(…でも、手は抜いていません!)

花粉にさいなまれながらも…
イベントを作り、挿絵を描き…

少しずつ…パソコンのツクールと、
パソコンの作画に慣れていきました。


こうして…

2005/3/24 『Lost』は… 完成したのです。

(…あ。 要するに、言いたかったことは…
『Lost』のゲーム中の絵はヤバいよ…ということです。)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。